a late bloomer 30

人生の節目が多く訪れる30代。アラサー世代のライフデザインを提案します。

正論ばかり吐くと運は逃げる【運をつかむ】

f:id:yori863433:20200407201007j:plain

 正論をぶつけると運がにげるかもしれない。

正論とは、道理にかなう正しい論理や主張のことを言います。

それを言われたら、誰も反論できないようなことです。

 会社員や、仕事を続けていると、会社の計画や目標に沿った、正しい説明・方法・解釈・結果を求められます。

 論理的であり、かつ道理にかなった正しい発言・行動が求められます。

 

しかし、単純に人間関係において、正論をつきつめていくと、思わぬことがおきます。

 

仕事人間ほど陥りやすい、運の逃がし方・運をつかむ対策を解説します。

 

 正論で詰め寄っても相手は息苦しいだけ

 「正論」を辞書で引くと、「道理にかなう正しい論理や主張」といった説明がなされています。つまり、「それを言われたら誰も反論できない」のが正論です。

 だから、正論を述べた人は、その場の言い争いにはひとまず勝利します。

しかし、その後、人からは嫌われて、運気を落としてしますのです。

 「あの人は確かに正しいですよ」

この言葉の後には、たいてい、「でもね」がつきます。

 「あの人は正しいですよ。でもね、人の心がわかってないですよ」

 「アイツは確かに正しい。でもね、偉そうな話し方が鼻につくんだ」

こうした周囲の評価を、正論を述べている本人だけが知らずにいます。

 

 ある企業に、部下をうまく育てられない上司がいました。その上司は、部下を叱るときにひたすら正論を述べるのです。

 「これは、明らかに○○君のミスだよね。大丈夫だとは聞いていたけど、なんで、段取りを最初から考えていなかったのかな?最初から考えておけば、絶対にこうはならなかったんだ。どうして、君は何も考えないのかなあ」

 

叱られたほうは反論する余地がないばかりか、小さな言い訳すらも許されないので、息が詰まってしまいます。結果的に、部下が次々と辞めていくため、管理能力が問われ、本人もなかなか出世できずにいるのです。

 

正論は人間関係を悪化させ、運も逃がすかもしれない

 仕事に限らず、友人や夫婦関係においても、正論は嫌われます。

 ある女性が、今朝起きた夫婦喧嘩について友人にグチをこぼしていました。

原因は、

「電球を取り替えてと頼んだら、すごく嫌な顔をされた」というものでした。

「まったく、何の協力もしてくれないんだから、ひどいと思わない?」と訴える女性に、友人はこう諭しました。

「それって、朝の出がけでしょう?会社に遅刻しないことが先決じゃない?これから働きに出る人にやらせなくても、あなたがやればいいじゃない?」

 

まさに正論です。

でも、そんな指摘をしなくても、「そうなの、それは腹がたったわね」を受け止めてあげることもできたのではないでしょうか?

 正論をぶつけられている時、本人は、「そんなことは言われなくてもわかっている」のです。だけど、言ってほしくないことなのです。

 そういう意味では、人間関係を壊したかったら、一番手っ取り早い方法は、相手を正論でやりこめる事です。

 

どこがダメかを指摘し、批判して、相手が効きたくない言葉を投げつければ、間違いなくその関係は悪くなります。

 

 しかし、こういうことをやっていて、運がつくことはありません。

人間の勝ち負けは、理論の勝ち負けではありません。

 

もし、あなたが、誰かに対して正論を吐きそうになったら、「まずい、運が逃げる」とストップをかけて、言葉を選びなおしましょう。