a late bloomer 30

人生の節目が多く訪れる30代。アラサー世代のライフデザインを提案します。

小さなリーダーを積極的に引き受ける【運をつかむ】

f:id:yori863433:20200513201949j:plain

リーダーといえば、皆の意見をまとめ、方向性を指し示し、皆を導く といったイメージがあるのではないでしょうか?

 能力の差はありますが、基本的には「誰もやりたがらないことを率先してやる」事がリーダーの能力の一つだと思います。

 

ここで言う小さなリーダーも、「誰もやりたがらないことを率先してやる」人の事です。

ただ、上記で述べたリーダーとは少しイメージが違います。

誰もやりたがらない事は、日々の生活の中いろいろあります。

ちょっとした資料のとりまとめや、会社の掃除の段取り、トイレ掃除、配布物のとりまとめ等です。

 

広く大勢の人々を取りまとめ、積極的に目立っていくリーダーとは少し違い、誰でもリーダーになれることから初めて、運をつかんでいこうというお話をします。

ぐるなびネット予約で楽天スーパーポイント貯まる!  

 

 

 

 

 

 運を引き寄せたエピソード

 世の中、皆がリーダーのような人たちばかりではありません。

引っ込み思案・おとなしい人々もいます。

勉強もスポーツもいわゆる平均点くらいで目立たず、学級委員のようなリーダーには一度もなったことがない人のエピソードをお伝えします。

 

彼は、学生の時上記のとおりのおとなしい人物でした。就職してからも、上司から言われたことはまじめにやるけれど、何事につけ自分から進んで手を挙げるということは、ありませんでした。

 そんなkれが変わったのは、新人歓迎会がきっかけでした。

 彼の部署には毎年、数人の新入社員が入ってきます。そのたびに歓迎会を行うのですが、決算期と重なっているために、誰も幹事を引き受けたがりません。

 その年も、いろいろ理由をつけてはみな逃げてしまい、あまり自己主張をしない彼にお鉢が回ってきました。

 もちろん、彼も忙しかったのですが、元来真面目な性格なので手を抜くことはせず、店探し・日程調整・予算設定などを丁寧に行いました。

 おかげで、部署のほぼ全員が参加でき、楽しい会となりました。

 すると翌日から、彼に対する周囲の評価が変わっていきました。

 「●●君、昨日はずいぶん上手に仕切っていたね」

 彼を見ていた上司の方々が感心し、その後、仕事上でのリーダーや、役目を与えてくれるようになったのです。

 

小さなリーダーを経験すると、運のステージをUPできる

 彼の同僚の中には、「幹事なんて引き受けていたら損をする」と考えている人もいたことでしょう。

 マネージャー職など会社の役職としてのリーダーにはなりたいけれど、面倒な会のリーダーは引き受けたくはないのです。

 しかし、実は、幹事などの小さなリーダーを経験することは、その人の運のステージを大きくアップさせるのです。

 というのも、小さなリーダーをやることで、多くの人たちからの感謝を集められるのです。

 

www.yori863433.work

 実際に、先ほどの彼は、上司から褒められただけではなく、新入社員たちからも頼りにされる先輩となり、仕事を上手に回せるようになりました。

 

身の回りにある小さなリーダーを引き受けていこう

 あなたも積極的に、小さなリーダーを引き受けてみてください。

 同窓会や、サプライズパーティーを企画したり、地域コミュニティーで掃除大会を主催する事などでもいいでしょう。

 日々のちょっとした出来事のリーダーでもかまいません。

 「あのひとが、積極的に手を挙げてくれたおかげで、私たちは助かった」

こう思ってもらえる人のところにには、間違いなく運がやってきます。

 

 最初はすぐに何かが起きるわけではありません。

でも、いわゆる大抜擢や、大きな信頼は、あなたのそういう姿を覚えている誰かによって起こるのです。

 

 世話役を引き受ける人がいなくて、みんなが困っている。

こんな時こそ、大チャンスなのです。

 

www.yori863433.work

 

 

www.yori863433.work