a late bloomer 30

人生の節目が多く訪れる30代。アラサー世代のライフデザインを提案します。

【実体験】私が健康的に痩せた方法 テレワーク時の運動にも最適

f:id:yori863433:20200530184107j:plain

30代。アラサー世代にとって、関心ごとの一つに「体形の変化」があるのではないでしょうか?

 

男女ともに、30代初めをピークに、基礎代謝の効率が悪くなり、いままでと同じ生活を送っていると、次第に体形が変化します。

わかりやすいとことで言えば、全体的に筋肉の張りがなくなり、重力に引っ張られ、体重が増加する。。

 

胴回りにぜい肉がつく。お尻の形が変わってきて下垂する。二の腕の振袖肉がやわらかい。胸肉が垂れてくる。。。

 

いろいろな変化を感じてきます。

私自身も、おおいに感じ、危機感も増してきていました。

 

今回は、うすうす皆さまも感じている危機感「体形維持・改善」について私の実体験を記事とします。

 きっかけは展示会

人は、よほどのことが無い限り突然太ることはありません。日々じわじわと脂肪が勢力を増し、気が付いた時には!という具合です。

私の体形の危機感を感じたきっかけは、とある医療機器の展示会でした。

 

体脂肪を超高精度で測定する体脂肪計のデモを行い、事実を明確に突き付けられたのです。

f:id:yori863433:20200530184859j:plain

過去1年の間に、体重8kg増加

(このあと、年末の忘年会やらで、体重は74kg まで増加!)

歩くことが減ったため、必要な下肢筋力は標準以下の98%

胴囲 83.6cm

体脂肪 17.9%

 

表から、体重と体脂肪は標準よりやや増加している数値となります。

表で見るとそこまで悪くない数字なのですが、鏡で見る自分のおなか回りなんかは、ポッコリしており、ザ・初期の中年体形 といった具合でした。

(これは昔の調子がいい時の写真です)

f:id:yori863433:20200530185615j:plain

ああ、このころに戻りたい・・・・

 

効率を考えた運動で、ダイエット実施

現実を数字で直視した結果、やはり運動が必要だと感じました。

しかし、運動って苦痛ですよね。

そして、運動する場所や時間も確保しなければなりません。

 

いろいろ考えた結果、運動の種類は「なわとび」に決定しました。

 

理由は、時間・場所・運動 のすべてが効率が良いことです。

 

なぜ、なわとびなのか?なわとびのいいところ

 

①運動効率・・・安静時を1としたときに、ジョギング(時速8km=1km7.5分ペース)は8倍の運動量、なわとびは100~120回/分で、12倍の運動量となります。

この運動量、METs(メッツ)という単位で表されます。

f:id:yori863433:20200530190152p:plain

②時間・・・上記の事から、ジョギングを30分行うのなら、なわとびは20分で同じ運動効果をえられることになります。

 

③場所・・・ジョギングは、近所や、公園などコースを考えながら・交通安全に気を付けながら、行う必要がありますが、なわとびはその場で跳ぶだけです。

もし、夜間にジョギングを行うのなら足場の見極め等も必要となります。

 

さあ、あとは始めるだけ!

ということで、様々な条件を考慮した際に、なわとびが一番自分に合っていました。

忘年会新年会開けの1月中旬から開始しました。

 

仕事が終わって、夜に外を走るよりも、会社の敷地にある倉庫の下で、雨も気にせず、なわとびの跳ぶ音も気にせず行うことができるのです。

 

ノリのよいクラブミュージックが、ちょうど120拍/分を刻むので、曲に合わせて楽しく跳べる。

 

あとは、三日坊主にならないよう習慣つけるだけです。

 

続けるコツは、過去記事をご覧ください。

 

www.yori863433.work

www.yori863433.work

 

運動を始めて3か月後 結果

 

三日坊主を克服し、3か月なわとびを行った結果

4月に再び展示会で測定。

f:id:yori863433:20200530191733j:plain

体重 74kg から、68kg に、6kg減少 それも脂肪だけ減少!

月に2kg づつ減ったことになります。

下半身の筋力も増加 全身で100%を超える!

胴囲は、4.4cm減少! ベルトの穴が一つ縮まる!

胴回りのドーナツ肉がなくなり、ベルトの上に肉が乗らなくなる!

 

結果が数字として表れ、仕事上の人間関係や、実家の親からも「やせたね!」と言ってもらえるようになりました。

顔の肉も落ちているようです!

 

最終的に、66kg まで到達!マイナス8kg です。

 

なわとび これだけは注意

 

結果にコミットできました!

ただ、ジョギングよりも高効率であることは、反対に高リスクであることとも言えます。

 

まず、コンクリ・アスファルトの上でジャンプし続けるので、ケガに注意です。

クッション性の高いスニーカーを履くか、運動場のような土面で行うことをお勧めします。

なれないうちでケガをすると、当分運動ができなくなる「シンスプリント」という症状になる可能性があります。

十分注意して行いましょう。

筋肉痛の時は、無理に行ってはいけません。

 

 初心者は 最初連続100回跳ぶことすらツライと思います。

あせらず、徐々に回数を増していきましょう。最終的には、ボクサーのように、交互跳びができるようになり、

私は 5分跳び・2分半休みの組み合わせを4~5回は行えるようになりました。

 

チョイスした音楽によっては、サビの間だけ とか Aメロまで とか、お好みで調整していくこともよいでしょう。

 

最後に、必要なものまとめ

なわとび

ベアリング入りで、比較的「なわ」が重いものがよいでしょう。遠心力で回すことができるので、肩に無駄な力がはいりません。

 

 音楽

クラブミュージックのオムニバスCDなんか、ちょうどいいです。

だいたいが、120拍/分のテンポで、2分から3分の曲を継ぎ目なく DJ が編集してくれています。

1曲ごとに、跳んで・休んでを繰り返すこともできます。

 

 

スニーカー

オールラウンド・スポーツ用のシューズで良いです。

 

 ウエア

動きやすければ何でもいいのですが、なわとびはジョギングと違い、風を浴びることがありません。なので、熱がこもらないような生地のものを選びましょう。

ただのTシャツとかよりは、安くても通気性・発汗性が良いものがいいです。

スポーツデポ・アルペングループでは、オリジナルのウェアを取り扱っており、私も活用しています。

 見た目もオシャレで、機能ももちろん充実しています。

 

 

なわとびは、テレワーク時の運動にも最適ですね。

さあ、充実した体つくりを始めましょう!