a late bloomer 30

人生の節目が多く訪れる30代。アラサー世代のライフデザインを提案します。

穏やかに笑っていると誰からも愛される【運をつかむ】

f:id:yori863433:20200331202643j:plain

「どうしてお前たちは仕事ができないんだ!」

「どうして言っていることがわからないんだ!」

このような発言をしてしまってはいませんか?たとえば、このような発言をすると、部下が離れていったり、夫婦関係が悪くなっていきます。

逆に言われると、そんな人からは離れたくなりますよね?

イライラは、人間関係と運を手放してしまう、爆弾のようなものです。

こんな爆弾は、爆発する前に早く捨ててしまいましょう。

爆弾をもたない、おだやかな人に 人も運もやってきます。

 

 イライラするのは人が離れる原因になる

 人は、誰もが穏やかに優しい気持ちで毎日を過ごしたいと思っています。

 それなのに、ちょっとした事で感情的になったり、イライラを人に向けてしまうことがあります。

 イライラを人にぶつけてしまう時、実は「いけない、抑えなくては」と思っているのに、なかなかそれができません。結果、自身がもどかしくなりさらにイライラが募り、それが爆発してしまいます。

 一旦は成功した経営者がダメになっていく典型的なケースに「周囲の人が離れていく」というものがあります。

ビジネスは、順調なときばかりではありませんから、失敗も起きます。

 その時、ついイライラして「自分はこんなに頑張っているのに、周りの人は何もやっていないのではないか」という気持ちを、感情的になって社員にぶつけてしまう経営者がいるのです。

 社員もそれなりに頑張っていて、いろいろ提案したいこともあります。ただ、社長がイライラしているために、言い出すことができません。

 こうして、もしかしたら経営改善につながるかもしれないアイデア等を生かすことができず、次第に人が離れ、気が付いたら無能な社員だけが残って、本格的に経営がダメになっていくのです。

 

感情的になると「自爆」してしまう

 こうしたことは、恋愛の中でも見られます。

 ケンカは、どちらかが一方的に悪いということはありません。(犯罪・道徳的な罪以外は)

 でも、感情的になれば、自分だけが苦しんでいるとか、相手は少しもわかってくれない等と悪く考え、どんどん事態を悪い方向へと向けてしまいます。

 

 「私が、どれだけあなたのことを思っているか知らないでしょ!」

 「どうして、俺の言っていることがわからないんだ!」

 

おそらく、心の底には愛情があるはずなのに、相手が離れていくようなことばかり言ってしまうのです。

まさにそれは、「自爆」そのものです。

 

イライラの爆弾は早く捨てる

 イライラは、自ら運を手放してしまう爆弾ともいえるでしょう。

 あなたは、そんな爆弾をたくさん抱えていませんか?

 どんどん製造してしまってはいませんか?

 

素敵な運は、感情が安定している人のところにやってきます。平和な場所が好きなのです。だから、できれば爆弾は捨ててしまいましょう。

 

 そして、いつも穏やかに対応できたら、二人の関係はとても良くなる事でしょう。

 

少し、イメージしてみてください。

 「ごめんね、そんなに僕のことを考えてくれていたんだ」

と、感謝の言葉を返したら

 「いえ、私こそ、強く言いすぎてごめん」

と、いうような言葉が返ってくるかもしれません。

 

 

 

まとめ

イライラは爆弾であり、それを使わないこと。使ってしまった時は、自分や、相手、さらには幸運ですら巻き添えとなってしまいます。

 

すこしずつでも、爆弾を処理するクセをつかていって、穏やかに過ごす。

心がけていきましょう。