a late bloomer 30

人生の節目が多く訪れる30代。アラサー世代のライフデザインを提案します。

【実体験】私が健康的に痩せた方法 タニタインナースキャン測定

f:id:yori863433:20200926233336j:plain

ダイエットや、体力つくり、肉体改造において必要な機械で、絶対にはずせないのが、

「体組成計」です。

自分の現状を数字で把握する事で、現状のトレーニングの効果測定や、運動継続の動機づけになります。

「毎日体重計に乗るだけでやせる!」と、よく言われますが、その通りだと思いますが、実際は運動しなければ痩せません。

なので、「毎日体重計に乗るだけで(運動が継続でき、嫌でも運動したくなって)やせる!」が正しい文章だと私は言いたい!

 

今回は、過去記事にしてきた「【実体験】私が痩せた方法」 において使用してきた体組成計のデータを公開します。

 

 

www.yori863433.work

 

 

www.yori863433.work

 

 

 健康的に痩せた方法のまとめ

過去記事にて紹介した痩せた方法ですが、まとめますと

※なわとび をほぼ毎日行った

※最大74kgから68kgへ痩せた

※体脂肪21%から17%へ減少した

※体型をZOZOスーツで測定した

です。

 

使用している体組成計「タニタインナースキャン」

 

 私が使用している機器、タニタインナースキャンです。(6年前に購入した物で、上記写真は現行商品です)

 

アイフォンのアプリで連動しており、体重計の電源起動と、想定結果記録がアイフォンから行えます。

基本情報である、身長・年齢を体重計本体に記録させて、セットします。

 

測定の基本は、体や足の裏が汗などで濡れていない状態・脇は広げた状態(軽く両腕を左右に離した状態) にて測定します。

 

超微弱な電流を流して体組成を調べますので、上記のような項目を守って測定していきます。

 

測定内容・項目は

体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・筋肉スコア・内臓脂肪レベル・推定骨量・体水分率・基礎代謝量・体内年齢 が測定できます。

 

私自身が運動の主な指標としているのは、体重・体脂肪率・筋肉量・基礎代謝 です。

①体重・・最も基本的な情報です。

②体脂肪率・・・あくまでも、参考情報です。なぜなら、体脂肪量ではなく体脂肪率だからです。運動前後に飲んだ水分の量や、体の表面の湿り具合で、1%前後数字がかわります。  会員制ジムでは、「体脂肪量」がわかる高精度な体組成計が設置されていますので、家庭用体組成計では、あくまで参考程度です。

③筋肉量・・・痩せることの目的は、脂肪を減らすことです。筋肉の量が減少傾向にあると、基礎代謝の低下や、摂取カロリーが足りていない可能性があります。筋肉量の低下は、ダイエット後のリバウンドに直結しますので、筋肉量は絶対維持もしくは、増加傾向でなければなりません。

④基礎代謝・・・これは、身長と筋肉量等の数字をもとに計算された、総合的な結果の数字です。基礎代謝も増加傾向にならないと、リバウンド、もしくは栄養状態の悪化を招きます。病気になりやすかったり、お肌がボロボロになったりと、健康的に痩せる方法と真逆の方向へ進んでしまいます。

 

以上、自身のトレーニングの方向性と状態を把握するためには 体組成計は必須なアイテムです。

 

実際の測定結果

過去記事において、トレーニングしてきた結果を記事としていました。

同時期に体組成計で測定した結果はというと・・・・

 

【体重】

f:id:yori863433:20200927001517p:plain

【体脂肪率】

f:id:yori863433:20200927001536p:plain

右肩下がりのグラフを見るのは、嬉しいものです。

 

なわとびを実施した期間のグラフの下がり方が顕著ですね!

自分自身を認めて、しっかり褒めてあげましょう。

 

逆に、このグラフが右肩上がりにならないよう、嫌でもトレーニングを継続したくなりいます。

嫌でも、というより、トレーニングが快感になってきます。

 

まとめ

 

トレーニングの結果が正確に観察でき、トレーニングが楽しくなってくる 「体組成計測定」

さすが、タニタインナースキャン だと感じます。

 

肉体改造したいな~と考えている方々へ、まずは「体組成計」の購入と、毎日でなくても定期的な測定をおすすめします。

 

肉体改造成功のカギは、「体組成計」が握っています!

 

 

 

 

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W

  • 発売日: 2011/09/06
  • メディア: ホーム&キッチン